駅待合室の自称ボス

列車は夜8時半発の夜行寝台だったのだが、駅に着いたのが3時半。待合に5時間もある。ジョギンダから「駅にウェイティングルームというのがあるから、そこで待ってろ。タダだ。外には出るな。ここはデインジャラスだ。」とありがたい忠告を受けていたため、しばらくはおとなしくしている。

ホームは結構大きく、プラットホームが3つ。しかもそれぞれ広い。横幅は新幹線のホームの倍くらいあり、長さは新幹線のホームよりも長い。野良犬も走る。列車が止まるとチャーイや屋台の食べ物などを売る声があちこちで聞こえる。スシ詰めの列車内から乗客が手を出して買っている。うーん、インドを感じる。

ウェイティングルームにはばあさんが一人居て、乗客が入れ替わり立ち代わりしているのにそのばあさんはずっと居る。駅の管理係の人か。ばあさんに「あんた日本人かね」と尋ねられ「ここに車両名と時間書きんさい」と紙を渡される。ばあさんに従い列車の時刻車両を記入すると「わたしゃココのボスじゃよ。列車の時間来たら教えてあげるからバグシーシじゃ」と手を出してくる。それ書く前に言えよ。別に何もサービスを受けていないので「列車が出る前に渡す」と保留にしておく。

3時間経って腹が減ってきたし、退屈だったので駅の周りをブラブラする。素焼きのカップでチャーイを飲ませる屋台があったので買って飲む、一杯3ルピー。甘いが美味い。そのカップをどうすればいいのかわからずウロウロしていたが、みんな線路の中に捨てていた。

そして気になる屋台を発見。3人の若者がボールに入ったぬかみそみたいなのをスプーンですくって揚げたから揚げみたいなものを売っていた。「こりゃ何じゃ」と聞くとひとつ食ってみろと1個くれる。中華料理のもち団子に近い味。うまーい。これで屋台魂に火がついてしまいその辺にある屋台でサモサ、プーリー等を食いまくる。どれも美味い。毎日コレでもOKなくらいだ。カレールーを入れる皿もサモサを乗せる皿も葉っぱでできており、食い終わるとみんなそのあたりに捨てていた。そしてその葉っぱををヤギや牛が食っていた。素晴らしき自然のリサイクルシステムである。でもペットボトルはそのまま捨てずにリサイクルしろよ。

ポーターじじいと自称ボスばばあ

そんなこんなで出発の時間となる。ウェイティングルームの自称ボスは俺が勝手に出て行かないように入口前で待機。この時間、既に俺以外の客はおらず、ボスもそろそろ帰りたいようで、バグシーシプレッシャーをかけてくる。

別に何をしてもらったわけでもないのだがバグシーシなしでは諦めてくれそうもないので、仕方なく10ルピー渡す。そしてポーターのじじいが「出発の時間だべ」と迎えにきた。ジョギンダから「荷物を席まで運び終わったら、チップを渡せ」と聞いていたのだが、列車に乗る前に手渡す。すると今まで荷物を持たせるのが気の毒なくらいだったじじいはにわかにホームに入ってきた列車と一緒にピューと走りだす。おい、待ってくれよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です