来たぜタージマハル

朝7時に起き、タージマハルを見に行く。アシフという日本語を話すガイドが案内してくれることになっている。ジョギンダはその間どっかに行っていた。タージマハルの周りは公園になっていて、その門からアシフと並んで歩く。彼は大使館でやっている日本語講座で学んだそうで、日本へは行ったことがないそうである。平日は仕事をしているので、休日のみのバイトらしい。

で、行ったタージマハルは素晴らしいの一言。さすが世界遺産。シャージャハンが死んだ妻のために建てた墓なのだが、アーグラの街がこのタージマハルのおかげで成り立っていることを考えると地域社会の発展に貢献している建造物だろう。ただ、入場料が外国人は750ルピー(約2000円)もしやがる。インドでこの金額は高いが、それだけ払う価値はある。

インド人は安いが、外国人観光客には容赦ない入場料

入場の際のチェックはかなり厳重で、携帯電話、飲食物、カメラ以外の電子機器、なぜか薬も持ち込み禁止。入り口で政府のガードマンが立っていて、空港にあるようなの金属探知機をくぐり、ピーッと鳴ると鞄の中を調べられる。それが2箇所あって、持ち込み禁止の物を持っているとホテルに戻って出直さなければならないという悲劇を招くハメになる。実際、自分の後ろにいた韓国人観光客はCDウォークマンを持っていたため入場できなかった。俺の鞄の中チェックをしていた3人のガードマン(銃を持っている)はかなり念入りに中味を見て、「これは何だ?」と5円玉をピックアップする。「ジャパニーズエンで、2ルピーだ」と言うと珍しそうに見ていた。もしかして欲しいのかと思い、1枚づつあげると言うと、「ノーノー」と断られた。さすが政府の人はそんなのないみたいだ。

これは墓なのだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です