HOME
デリー
デリー〜ジャイプール
ジャイプール
アーグラー
バラナシ初日
バラナシ2日目
バラナシ3日目
シュラヴァスティ初日
シュラヴァスティ2日目
バラナシ再び
デリー再び

ご意見ご感想はこちら


夜明けのシュラバスティー


夜中2時半にゴンダ着予定だった列車は当然のように1時間遅れで到着。列車は途中で何度か止まるのだが、外には明かりなど何もないため真っ暗で、停車しても駅なのかどうかわからない。当然社内アナウンスなどなく、停車後しばらくすると、ドサドサ人が乗車してきて、外で物売りの声が聞こえてくるので、やっとそこが駅だとわかる。自分は車掌に「ゴンダで降ります。ゴンダで」としつこく言っておいたので起こしにきてくれた。

どのホームでどこ行きに乗り換えればいいのかさっぱりわからず、真夜中でもあったので結構不安になる。ゴンダ駅の案内所で「バランプールに行きたいんだけど」と尋ねると4時半の列車があるという。近くかと思っていたら、1時間程かかるそうである。10ルピーのチケットを買いとりあえずその列車に乗り込む。
今度の列車は向かい合わせの椅子席である。日本の車輌とは違い通路が端にあるため、椅子には4人ずつ座ることができる。座席の上に荷物置き場があったが、全席人が寝ていた。その長い木の椅子の端っこに座る。

この時間は早起きのジモティーしか乗らないようで、現地のみなさんからの熱い視線ビームを一身に浴びる。向かいに座っていた三人組にバランプールに行くというと、ああだこうだといろいろ言ってくるが、ヒンズー語のため全くわからず。ボディーランゲージで向かいの一人が「俺もバランプールで降りるからついて来い」と言っているらしかったので、一緒に降りる。既に日が登った線路沿いのあぜ道を歩き、タクシー乗り場まで案内してくれる。ありがとう。

朝早いためか、タクシーは1台しかおらず、他の交通手段もありそうにない。タクシーの運ちゃんとシュラバスティーまでの料金を尋ねると、「目的地までは18キロあるので、250ルピーだ」と強気の金額提示。交渉するも運ちゃん一歩も譲る気配なし。しかたなく乗る。かなり年期の入ったカーオーディオを「JBSだぜ」と自慢げに見せ、爆音でインドミュージックをかける。後部座席にスピーカーがあることなどおかまいなし。

ステキなインドの演歌を聞きながら、ひたすらまっすぐな一本道を突っ走る。しばらくすると、ピーピーと音がする。何かと思えば燃料メーターがエンプティーラインをはるかに切っている。エンジンの爆音と後のスピーカーからの爆音と、ピーピー音のサラウンド状態でさらにひた走ると、ガソリンスタンドが出現。運ちゃんは「今、金を払ってくれ」250ルピーを渡すと、10リッターきっかり入れていた。

耳障りなピーピー音も消えノリノリな運ちゃんは鼻歌まじりにスッ飛ばす。走っても、あたりは一面何もない原っぱだ。本当にここで合っているのかやや不安になる。

「へい、着いたぜ」と降りた場所は正にそれらしき寺院の立ち並ぶ場所。正門入口前でタクシーをおりる。今は公園なっており、ゲートの向かいにはスリランカの寺院があり、坊さんが立っていた。
「ニホンカラデスカ?」とカタコトの日本語で語りかけてくる。「そうです」と答えると「キョウハトマルデスカ?ココニトマッテイキナサイ」と寺院の中に案内してくれる。このあたりには韓国やタイなどの寺院があり、巡礼に来る僧のための宿泊施設を兼ねている。宿泊費は決まっている訳ではなく、その人の気持ち、いわゆるお布施である。
スリランカの寺院
祇園精舎の鐘の音
荷物を置き、早速園内へ。到着が7時前だったため、公園には誰もいない。ちなみに、この場所の別名「サヘート・マヘート」というのは2つの違う場所のことを言うそうで、城の跡はサヘート、ちょと歩いた祇園精舎をマヘートというらしい(坊さん談)。ここでも外国人の入場料は100ルピー。
坊さんから「朝食があるので7時半に戻ってきてください」と、いきなり朝メシ付きという特典。しばらく園内を見て回る。朝もやの静寂な園内を歩き、ブッダが宿泊していた建物の跡や、弟子達が瞑想していた場所などを見て回る。かつてこの場所でブッダが多くの説法をし、瞑想をしていたと思うと何だか感動する。
祇園精舎。鐘はない
寺に戻り、3人の坊さんと一緒に朝メシタイム。スリランカは大乗仏教なので、日本の仏教とはやや違い、黄色の羽織に橙色の袈裟をかけるスタイルである。仏像も金ピカ。今はスリランカからの巡礼僧が少ない時期らしく、寺院には自分のほかにお手伝いのインド人(男)2人しかいない。彼らは現地の人で、坊さんの食事の準備や片付けをしていた。
食前のお祈りをし、大きなプレートに盛られた料理を食べる。いろいろおかずが乗っているが、どれも辛そうだ。食ってみるとやはり辛い。魚の佃煮など、目から火が出るくらい辛い。がウマい。昨夜はバナナ2本と水しか摂っていなかったので、遠慮なしにガツガツ食ってしまう。

食後のコーヒーまで付くという、至れり尽くせり状態で、コーヒーを飲みながら、3人の中で一番若い坊さんと話す。彼はスリランカ大使館主催の日本語教室で日本語を学んでおり、将来は日本に行ってみたいそうである。日本語の音読みと訓読みがよくわからないということだったので、帰国後、小学校の漢字ドリルを送るというと喜んでいた。

腹もいっぱいになり、ちょっと眠くなる。昼まで一眠りすることにする。午後から再度サヘートへ。静かな朝とは違いぱらぱらと人がいる。そこで、マークというオーストラリア人に出会う。彼はとても紳士的な人で、オーストラリアのメディテーションセンターに勤めているということだった。仏教での瞑想にとても興味があるらしく「ココはブッダの住んでいた部屋跡だ」などと詳しいガイドをしてもらう。

お互い見たいところがあったので、しばらく話した後別れ、自分はマヘートから少し歩いたアングリーマーラーという塚に向かう。ここは、有名な指切り悪人マーラがブッダの教えに帰依した場所である。

そこまでの道のり、歩いていくと、どこからともなく子供達が寄ってきて、服の裾を握ってついてくる。何か言ってくるがヒンズー語のため全くわからず。軽く受け流して歩き続け、塚に到着。ふと振り向くと、オーノー!なんと子供達が15人ほどに膨れ上がり、ぞろぞろついて来ているではないか。
子供達は「バブー、バブー」「バブー、ルピー」と口々に言ってくる。最初はわからなかったが、どうやら「バグシーシ」の意味だということに気づく。小銭が無く、一人にあげると大変なことになると予想されたため、覚えた数少ないヒンズー語「ナヒーン(NO)」で攻防する。

子供達はほとんど強制的に自分の手を引いてアングリーマーラー内を案内してくる。しかし、彼らの好意も全てヒンズー語のため、「アングリーマーラー」「ブッダ」以外は全く分からず。が、ちゃっかりガイド料をくれと言ってきたので、「きみたち、世の中はお金ではないのだよ」と持っていた飴をやる。
子供達からはブーイング。
ザ・バグシーシーズ
宿泊寺院の前に着くと、ちょうどタイからの観光ツアーバスが2台止まっていた。そこに土産屋の屋台や、フレッシュジュース屋などがおり賑わっていた。ツアーバスのお客が土産を買いまくり、この寺院にあるという仏舎利を拝み、バシバシ写真を撮り帰っていった。みんなおばさん。どの国もおばはんパワーはすごいなどと感心してしまう。

嵐のように去ったおばさんたちの後、釈迦の彫刻された小さな石版などを半値以下で買い、ザクロジュースを飲む。ジュース屋の兄ちゃんは豪快にザクロの実を手動の絞り機に入れ、力任せに絞る。胸もでかくなりそうな100%ザクロジュース。夕暮れ時でなんだか静かなひとときである。

ザクロジュース屋の兄ちゃん
夕刻の読経が始まったので離れたところから見ていると、お前も来いとばかりに手招きされ、金ピカ釈迦像の前で一緒に拝む。日本では正座が多いがこちらは半跏趺坐。お経の響きに眠くなる。その後、夕食の時間になり、また3人の坊さんと一緒に食べる。メニューはチャパティ、ライス、大根を辛く煮たもの、ダール、激辛ドライフィッシュ、カレー味のカリフラワー、チーズ、お湯といった感じで、これまた美味い。が、全て辛いため、昼飯を食べていなかった胃にはこたえる。

皆さん朝が早いため、就寝時間も早いようで、昼寝をして全然眠くない自分を差し置いて消える。あたりには何もないため、夜はハンパじゃないくらいに真っ暗で、窓から外を見ると黒100パーセント、何も見えない。外に危ない人がいてもわからないだろう。しかも夜間は発電機が切れるのか、電気もつかくなるため、眠くなくても寝るしかない。

ミネラルウォーター以外の水を飲んだからか、すきっ腹への激辛料理がマズかったのか、夜中に激しい腹痛で目が覚める。日頃、一人暮らしで賞味期限など無視した食生活のためか、インドにきてから今まで一度も腹を壊していなかったので心配だったが、これで一人前のインド旅行者になった気がしてやや安心する。が、部屋は真っ暗。電気もつかない。こんな時のために持参してきた懐中電灯の明かりを頼りにトイレへ。なんだか悪いことをしてるみたいだ。結局その夜は一晩中腹痛にうなされる。