HOME
デリー
デリー〜ジャイプール
ジャイプール
アーグラー
バラナシ1日目
バラナシ2日目
バラナシ3日目
シュラヴァスティ初日
シュラヴァスティ2日目
バラナシ再び

デリー再び

熱いメッセージはこちら

height="381"

来たぜタージマハル


朝7時に起き、タージマハルを見に行く。アシフという日本語を話すガイドが案内してくれることになっている。ジョギンダはその間どっかに行っていた。タージマハルの周りは公園になっていて、その門からアシフと並んで歩く。彼は大使館でやっている日本語講座で学んだそうで、日本へは行ったことがないそうである。平日は仕事をしているので、休日のみのバイトらしい。

で、行ったタージマハルは素晴らしいの一言。さすが世界遺産。シャージャハンが死んだ妻のために建てた墓なのだが、アーグラの街がこのタージマハルのおかげで成り立っていることを考えると地域社会の発展に貢献している建造物だろう。ただ、入場料が外国人は750ルピー(約2000円)もしやがる。インドでこの金額は高いが、それだけ払う価値はある。
入場の際のチェックはかなり厳重で、携帯電話、飲食物、カメラ以外の電子機器、なぜか薬も持ち込み禁止。入り口で政府のガードマンが立っていて、空港にあるようなの金属探知機をくぐり、ピーッと鳴ると鞄の中を調べられる。それが2箇所あって、持ち込み禁止の物を持っているとホテルに戻って出直さなければならないという悲劇を招くハメになる。実際、自分の後ろにいた韓国人観光客はCDウォークマンを持っていたため入場できなかった。俺の鞄の中チェックをしていた3人のガードマン(銃を持っている)はかなり念入りに中味を見て、「これは何だ?」と5円玉をピックアップする。「ジャパニーズエンで、2ルピーだ」と言うと珍しそうに見ていた。もしかして欲しいのかと思い、1枚づつあげると言うと、「ノーノー」と断られた。さすが政府の人はそんなのないみたいだ。


ちなみにタージマハルは2005年には観光用の入場ができなくなるかもしれないらしい。
ジャパニーズマイフレンド

で、その後お約束のショッピング。今回は大理石の工芸品だ。タージマハルの壁の模様はペイントではなく、全て石を削ってそこに色つきの石をはめ込むというかなり高度な技術によって造られている。その職人の子孫というのが、現在も当時の工法を伝承しており、タージマハルの修復の際には呼び出されるらしい。行った店の兄ちゃんは自称職人の子孫

何でも彼女が日本人でかつて練馬区に住んでいたという日本フリークなインド人。なんか多いな、そういうの。始めは石の削り方からはめ込み作業まで、当時の工法をデモンストレーションしながら説明してくれる。で、その後、ショップに入るワケだが、ここから営業スタート。

自分の前に色とりどりの大理石ティーテーブルを出してくる。ついでにチャイもサービスで、うーんなかなか綺麗だと見ていると、一通り出た後、「この中ではどれが好きデスか?」と聞いてくる。「まー、この中ではコレかな」と言った段階ですでに相手の商談ペース。「世界各国のお客の注文書デース。裏に石はめ込みでメッセージをお付けしマース。テーブルとして使用する際の木の台、飾っておく際の飾り台、重いので完全パッケージで送る際の梱包はコレデース。投げて落としても大丈夫ネ。そしてさらに、今日は注文のみ。荷物が届いたら銀行口座に入金という安心システム。ここまでついて何と210ダラー!!」とまるでたかたのテレビショッピングのようだ

が、別に欲しくはないのでいらんと言うと「もっと小さいのありマース」と今度は皿が出てくる。「両親に恋人にどうデスか」と勧められるが一枚だけあってもしかたないのでいらんと言うと、次はコースター。コレもいらんだろう。「本物の大理石は光を当てるとピカピカしまース」と懐中電灯の光を当ててニセ物の大理石も持ち出して説明。おかげで見分け方がよくわかる。「ベストクオリティー」「ジャパニースマイフレンド」連発のトークがここまでで約1時間。結局、またしても根負け。向こうの言い値120ドルの大理石コースターセットを日本円7000円に値切って購入。
続いてアーグラー城。ムガル帝国のアクバル、ジャハンギール、シャージャハンと高校時代の世界史で習った王たちが住んだという城である。城の70%はインド軍関係の施設として使用されており、公開されているのは全体の30%らしい。が、王の間(右写真)や、執務室、シャージャハンが幽閉された部屋などは公開されており、そこからタージマハルを眺めてみる。退屈だったろう。きっと。

ガイドのアシフが「ここ見たいデスか?」と連れて行ってくれたのが鍵のかかったドアの前。彼曰く、「ここは政府によって閉ざされていマース、とてもビューティフルな鏡の間というところデース。でもカギがかかってマース。」そりゃ見ればわかるっつーの。
かつてシャハンギールが座った椅子
「で、あそこに人がいマース」
確かに前歯のないニヤけたじじいが座っている。
「この人はここのカギを持ってマース」
おいおい何者なんだ。
「で、この人に50ルピー渡すとカギを開けてくれマース
そういう事か。

まあ、折角だから見ていこうと思い鍵を開けてもらうことにする。他の観光客に見られないようにソローと入る。なんか悪いことしてるみたいだ。中は何かというと、かつて姫の風呂だった場所である。壁一面に鏡が散りばめてあり、蝋燭を灯すと綺麗に部屋が輝くしくみで、浴槽の周りでは音楽が奏でられ、ダンスなどが踊られていたという。かつては王以外の男は入れなかった女風呂に50ルピーで入ったワケである。ちなみにそのじじい、何だかナヨナヨして変だと思っていたが、そこを出る前にニヤーっとしながら俺のケツを触ってきた。あっちの人だったらしい。

風呂キーパーのホモじじい
続いてお約束タイム。今度はカーペット工場。宮殿の中でしきりにカーペットの模様の話をしていた、そういえば。70歳くらいのいい味出した職人が、ハタ織り機みたいなので手作業中。その正確無比な動きはまさにカーペットマシーン。で店内に入る。どうも俺に説明をする兄ちゃんは全て販売スキルがハンパじゃない。今回のカーペット屋の兄ちゃんはかつて上野に一年住んでいたという、説明販売のセールスビデオとして売れるんじゃないかと思われる程のつわものである。日本の住宅事情を知り尽くした商品ラインナップも、こちらの断りに対しての切り替えしトークも完璧だ。思わず必要のないカーペットが必要な物のように思われて、買ってしまいそうになる。が、既にこの時点で有り金のほぼ三分の二を使い果たし、財政難に陥っており、後8日間ある事を考えると大きな出費は痛い。ということで「欲しくない」の一点トークで切り抜ける。その時の兄ちゃんの寂しそうな顔はいつまでもインドの旅の記憶と共に俺の脳裏に刻まれることだろう。

そして引き続き紅茶の店。茶葉だけ買うつもりがサフランまで買ってしまう。サフランは日本でも高いのを知っていたが、確かに安さ感はある。これで一応フセインツアーのメニューは終了。最後はバラナシ行きの列車の駅まで送ってくれることになっていた。アーグラーから約30キロほどある駅で一人じゃ危険だという事で安心ドライブをフセインが約束してくれていたのであった。道すがらすっかり打ち解けたガイドのジョギンダからは「バラナシには日本語で話しかけてくる連中がたくさんいるが、ノーフレンドシップだ。バッグの中身は人には見せるな。クレジットカードは銀行以外では使うな。」等々息子を心配する父親のようなアドバイスをもらう、しつこい位に。

列車の駅はちょっと田舎町で、駅まで続く細く長い道の両サイドには露店がずーっと並び、間違いなくデカいリュックを背負った俺の後ろにはバグシーシ軍団ができそうな雰囲気であった。列車は日本で手配してもらったのだが初心者が一人で行くにはこの駅ちょっとヘビーだと思います。旅行代理店のT社さん。
ジョギンダは「メモを出して、今からいう事を書け」とチケットを見ながら車両番号、席番号、列車名などを読み上げる。で、「駅に赤い服を着たポーターがいるからそれを伝えると席まで案内してくれる。チケットはバラナシで降りるまで人には渡すな、見せるだけだ。列車で何かあったら黒い服着た人が車掌だからその人に聞け」とまたまた父親アドバイス。
駅前でジョギンダが赤い服のポーターをつかまえてくれたのだが、赤い服着ているというだけで、その辺を歩いているじいさんと全く変わらん。一人ではわからんかった、きっと。

ということでそのポーターのじじいにジョギンダとの記念写真を撮ってもらい別れる。ジョギンダは今からデリーまでのロングドライブらしい。ありがとう。ダンニャワード。
ジョギンダと俺
ウェイティングルームの自称ボスには気をつけろ

列車は20時19分発の夜行寝台だったのだが、駅に着いたのが15時30分。5時間も待ち時間がある。ジョギンダから「駅にウェイティングルームというのがあるから、そこで待ってろ。タダだ。外には出るな。ここはデインジャラスだ。」とありがたい忠告を受けていたため、しばらくはおとなしくしている。ホームは結構大きく、プラットホームが3つ。しかもそれぞれ広い。横幅は新幹線のホームの倍くらいあり、長さは新幹線のホームよりも長い。野良犬も走る。
列車が止まるとチャーイや屋台の食べ物などを売る声があちこちで聞こえる。スシ詰めの列車内から乗客が手を出して買っている。うーん、インドを感じる。
ウェイティングルームにはばあさんが一人居て、乗客が入れ替わり立ち代わりしているのにそのばあさんはずっと居る。駅の管理係の人かと思っていると「あんた日本人かね」と尋ねてくる。「あんた、ここに車両名と時間書きんさい」とばあさん。「わたしゃココのボスじゃよ。列車の時間来たら教えてあげるからバグシーシじゃよ」と手を出してくる。書いてから言うなよ、書いてから。別に何もサービスを受けていないので「列車が出る前に渡す」と保留にしておく。

3時間経って腹が減ってきたし、退屈だったので駅の周りをブラブラする。素焼きのカップでチャーイを飲ませる屋台があったので買って飲む、一杯3ルピー。甘いが美味い。そのカップをどうすればいいのかわからずウロウロしていたが、みんな線路の中に捨てていた。
ポーターじじいと自称ボス
そして気になる屋台を発見。3人の若者がボールに入ったぬかみそみたいなのをスプーンですくって揚げたから揚げみたいなものを売っていた。「こりゃ何じゃ」と聞くとひとつ食ってみろと1個くれる。中華料理のもち団子に近い味。うまーい。これで屋台魂に火がついてしまいその辺にある屋台でサモサ、プーリー等を食いまくる。どれも美味い。毎日コレでもOKなくらいだ。カレールーを入れる皿もサモサを乗せる皿も葉っぱでできており、食い終わるとみんなそのあたりに捨てていた。そしてその葉っぱををヤギや牛が食っていた。素晴らしき自然のリサイクルシステムである。でもペットボトルはリサイクルしろよ。

そんなこんなでそろそろ出発の時間となる。ウェイティングルームのボスは俺が勝手に出て行かないように入口前で待機。この時間、既に俺以外の客はおらず、ボスもそろそろ帰りたいようで、バグシーシプレッシャーをかけてくる。別に何をしてもらったわけでもないのだが10ルピー渡す。そしてポーターじじいが「出発の時間だべ」と迎えにきた。ジョギンダから「荷物を席まで運び終わったら、チップを50ルピー渡せと」聞いていたのだが、列車に乗る前に手渡す。すると今まで荷物を持たせるのが気の毒なくらいだったじじいはにわかにホームに入ってきた列車と一緒にピューと走りだす。おい、待ってくれよ。

列車は走るよどこまでも


俺の車両はA1だったのだが、A1車両は2人の前を通り過ぎていったらしく、じじいは列車の乗客に「この車両はA1か」と叫んで聞いているのである。あんた、意味ないじゃん。インドの列車は連結部分で車両が別れているので違う車両に乗ってしまうと悲劇を生むことになる。しかもこの列車はバラナシまでの約500キロの間に2回しか停車しない特急である。なんとか自分の車両に乗り込むが、全席満員御礼状態。俺の席がない。車両内を行ったり来たりするうちに、じじいが「ここに間違いねぇズラ」と指したベッドにはカルザイ大統領似のおっさんが高いびきで寝ているではないか。

以下ヒンズー語の会話
ポーターじじい(以下P)「ちょっと、あんた。ここはあんたのベッドじゃないズラ」
カルザイ(以下K)「おお、わしのベッドではなかったか、ではわしのベッドはいずこ」
P「チケット見せなせ。…あんたこの上ズラ」

が、その上では佐藤蛾次郎似の男が高いびき。PとKに揺り起こされる。蛾次郎は向かいのベッドだったらしく、そこには大きな荷物が置いてあった。蛾次郎は自分のベッドの荷物をどかすため周りの客をたたき起こす。迷惑な話である。カルザイは上のベッドで既に爆睡。Pは下のベッドに「ヒッヒッヒッ」と荷物を置き、「若いの、バグシーシじゃよ、バグシーシ」と手を出してくる。さっき50ルピー渡しただろが。ジョギンダが席についたら渡せと言っていた訳がよくわかった。

じじいも去り列車出発。これで後は寝るだけだ。が、ここでまたもや問題発生。下のベッドというのは進行方向に向き合ったイスの背もたれをパタンと倒したものだったが、その中央下にカルザイのでかい荷物が置いてあり、いわゆるエビ反り状態になるのである。これで朝まではキツイでしょう、ちょっと。ということでカルザイに「大統領、お荷物を移動していただけますでしょうか」と言うと、「では、そなたは上で寝よ」との仰せだったので、入れ替わり、大統領は下でエビ反る。この車両の注目の的になりつつ寝る。
目覚めればバラナシだ。