HOME
デリー
デリー〜ジャイプール
ジャイプール
アーグラー
バラナシ初日
バラナシ2日目
バラナシ3日目
シュラヴァスティ初日
シュラヴァスティ2日目
バラナシ再び
デリー再び

インドについて語ろう


インド人のキラートーク

昨夜は疲れて早く寝たので、朝早いであろうと思われる時間に目が覚める。というのも時計を忘れてきてしまったため、時間がわからないのだ。テレビをつけインド版NHKニュースを探すと、やはり画面下に時間が出ていた。もうすぐ7時だ。ホテルは朝食つきだったのでお湯が出るかチェックをした後、シャワーを浴びてレストランへ向かう。

バッフェの朝食は、コーンフレークとショボいトースト、ナン、後はヨーグルトとドリンクからのチョイス。ジュースがあったがパスタソースみたいな缶に入っていた。あまりのショボさに外で食おうと諦め、紅茶とコーンフレークを食い、レストランを出る。今日はデリーを終日ブラブラしようと思っていたので荷物をまとめて9時前にチェックアウトする。
ホテルの前にいた兄ちゃんに「ニューデリー駅はどっちだ」と聞くとオートリクシャーがやってきて、駅まで20ルピーという事で乗り込む。そしてコレが自分のその後3日間の運命を決めることとなる。
オートリクシャーのオヤジは自分がまだインド初日だと聞くと「デリーの最新地図をもらえる観光組合に行こう」「タダだ」「駅まで行く途中だ」「料金は変わらないから」などのトークを連発。しかもわざわざガソリンスタンドに停めて懇々と説明をする。あまりのクドさに「わかった、地図もらうだけだぞ、タダで」と行くことにすると、案の定ツアー会社の前で降ろされる。地球の歩き方に「デリーでオートリクシャーに乗ると必ずツアーデスクに連れて行かれ、高額なツアーに連れて行かれる破目になる」と書いてあったが自分も早速その通りになる。
悪質ドライバーに拉致され中
価格を聞いてボッタくりなら断ればいいか、これも経験だ。などと思い個室に入る。中ではフセインのようなひげのオヤジが待っており、「日本人か」と聞かれ「そうだ」と答えると、フセインは日本語でしゃべり出す。しかもぺらぺら。HISから来たツーリストの名簿やファックスを見せ「HIS知ってますか?ここの仕事私がしてマース」と日本人のパスポートのコピーをデンと出してくる。ここまではマニュアル通りだ。

そしてフセインは自分の旅行の日程を聞いてくる。3日目の夜にアーグラーからバラナシへの寝台列車を予約してあったので、それまでの間ジャイプールを見たらどうかと、その魅力を力説するフセイン。ガイド付きの車を用意するという事だったが「電車で行けばいいじゃん」と言うと、「途中で停まって写真も撮れマース。電車では無理デース」「インドは田舎が素晴らしいデース、ぜひ途中の田舎を見て下サーイ。」「デリーは東京みたいなもので、帰る前に見れば充分デース」と俺のスケジュールを完全に把握している。最終日は一日デリーを見れるようにしてあったのだ。そして、これまでフセインに勧められてツアーへと旅立った日本人からのお礼の手紙を取り出し事例攻撃。確かにフセイン宛のお礼の手紙である。が、日付けが全て1999年。

ちなみに価格を聞くとデリー〜ジャイプール〜アーグラー間の移動とガイド、二泊分の宿泊費、寝台列車の駅までの送迎付きで190ドル。「たけーよ。」というと、一年間池袋に住んでいたというフセインは日本語で熱く語る。以下原文「あなたは日本で一生懸命働いて稼いだお金を、もっと自分のために使うべきじゃないですか?私は日本のビジネスマンがどれほど働いているか知っています。インドには次いつ来れるかわからないですね、もしかしたらもう二度と来れないかもしれない。だから田舎の方を、本当のインドを見てもらいたいんです。」というキラートークに敗れハンコを押す。

フセインはさらに「あなたネパール人に似ているが、その服はモロにジャパニーデスね。インド人の着る服にすれば、物売りも近づきまセーン」と隣にあったクルター屋(その他みやげ物も販売)で買うといい、インドでは物を買う時は交渉しなくてはいけまセーン。などともっともらしい話で案内する。もうこうなったら乗りかかった船だと思い、上下セット750ルピーを2セット1000ルピーで買う。早速そのうちの1枚を着るが、インド人は誰も着てねーよ、こんな服。日本の着物とかと同じじゃないのか、もしかして。
というわけで、ガイド氏と2泊3日の車の旅が始まる。地図では近いがインドは広い。まずはジャイプールまで250キロの旅だ。スズキのエスクードで2人、約3時間半。途中でメシを食い、ひたすら走る。途中いろいろな小さい町を通り過ぎる。やはり彼もクラクションをバビバビ鳴らすが、トラックの後ろにHORN PLEASEと書いてあるところを見るとこれがインドのスタンダードらしい。
ガイドをしてくれるインド人は、ジョギンダという名前で、30歳(子供一人)だそうである。「お前はいくつだ」と聞かれ32歳だと答えると「なにーー!」と驚いていた。どうやら自分より年下だと思っていたらしい。日本では実際より年上に見られるがインドでは若く見られるようだ。

ジョギンダ。一児の父
ジャイプールの象には気をつけろ!

約5時間のロングドライブの後ジャイプールに到着。アンベール城を見る事に。城までの坂道が長く、象の背中に乗っていく事ができる。一頭チャーターで400ルピー。4人まで乗れるらしく割りカンなら1人100ルピーで済む。折角だから乗ってみようとジョギンダが同乗者を探すがいない。結局1人で乗る破目になる。

が、これが間違いだった。街を見下ろす景色を見ながら優雅に、と思っていた自分の予想は裏切られ、象の下には土産物売り軍団が列をなしてついて来る。しかも変な人形や、象の彫刻、ショボい絵など一見して欲しくないものばかりである。

軍団には暗黙のルールがあるらしく、誰かの営業中には他の連中は営業できないらしい。一度断られてしまうと次に譲らなければならないため必死である。が、こちらとしてはその分無視するわけにもいかず煩わしい。象などに乗ったことを後悔する。
結局、城の入口までついて来た営業マンに根負けして、欲しくもない布に描かれたショボい絵を3枚買ってしまう。

そんな思いでやっと着いたアンベール城。かつてのこの地域のマハラジャの住居だった城内は、今や野猿と野良犬の巣窟と化していた。象の運賃は往復だったが帰りは歩いて下る。

この後凄まじい営業攻勢が


栄枯盛衰、かつてのマハラジャの城
続いて、タイガーフォートという要塞に行く、ジャイプールの街が一望できるナイスビューな場所だ。ここで夕方を迎え、黄昏てゆく景色を見ていると、何やら下の街中から一斉に「アーウー」と声が響きわたる。街のあちこちから聞こえるので、そこにいた若者に何事かと聞くと、ヒンズー教徒の祈りの時間らしい。高い丘の上で下界から街中からの祈り声を聞くのはなかなか感動的だ。

帰りにジョギンダから「ここは染物で有名だ、ファクトリーを見ていくか」と聞かれる。某ガイドブックにはこのファクトリーという言葉には気をつけろと書いてあったが、やはり来たな。でも見るだけタダだし。などと思いつつとりあえず行くことにする。結局テーブルクロス3枚を値切って買ってしまう。この値切り交渉が曲者で、相手の言い値がこちらの言い値になると思わず買ってしまうという、まさに勝ったゲーム代のようなものである。

その後ホテルへ、昨日とは打って変わり、工事中で壁の中が剥き出しというボロホテル、その名もホテルサケット。案内された部屋はツイン。窓からはすきま風、紫色のカラーTV画面が一層寂しさを引き立たせてくれる。
他のお客はどこにも見当たらないが、食事がまだだと言うと、地下のレストランに案内され「今から食事が作れるようにする準備しておくから、1時間後に再度来てくれ」との事。
レストランと言っても15席程度のショボい部屋で、全ての電源が落とされ真っ暗。食材も今から買いに行かないといけないのではないかという程レストランらしくなく、わざわざ自分だけのためにオープンしてもらうには恐縮してしまう。
ショボショボのホテル、サケット
ホテルの外では何やらラッパや太鼓の音がする。何かの祭りなのだろうか。お祭り好きの自分としては、居ても立ってもいられず、部屋を出て、ただ一人であろうボーイ君をつかまえて「ありゃ何じゃ」と訪ねると、結婚式だそうである。インドでは11月と12月は結婚ラッシュだそうで、ディズニーパレードばりのパカパカライト行列にパレード楽器隊を引き連れた新郎が白馬にまたがり、新婦の待つ家まで迎えに行くらしい。そして、そのパレードの中では新郎の友人が踊り狂うのであった。まあ金のある家だけらしいが。

ボーイ君は近くの道を行進するそのパレードまで自分の手を引き案内して、「どーだ、すごいだろ」と言わんばかりである。横で見ているとパレードの灯りを担いだ兄ちゃんが、お前も担げと灯りを渡してくる。赤の他人がいいのだろうかと思いつつもパレードの一員に加わり、新郎におめでとうと言うと無視される。
新郎と私
その後もパレードは街を練り歩くそうで、ボーイ君の提案により、飯を食った後で新婦も見に行こうということになる。一旦部屋に戻りビールを飲み、食事までの時間をつぶすことに。が、疲れていたのか一杯飲んだだけのはずがいつのまにか寝てしまい、気がつくと深夜12時を過ぎていた。ロビーへ行くと人の気配は既に無く、レストランも相変わらず真っ暗。インドの結婚式は徹夜で行われるそうで、外では相変わらずお祭りのように盛り上がる声が聞こえる。が、さすがにこの時間一人で行くわけにも行かない。
頭の上にある棚からのゴソゴソと虫が這うような音と、プーンと耳元を飛ぶ蚊の羽音に安眠を妨害されながら枕を反対に向けて寝る。