HOME
デリー
デリー〜ジャイプール
ジャイプール
アーグラー
バラナシ初日
バラナシ2日目
バラナシ3日目
シュラヴァスティ初日
シュラヴァスティ2日目
バラナシ再び
デリー再び

あなたのインドでの経験を


映画は大衆の娯楽なーのだ

祭りの余韻が残っているのか、夜中に騒ぎ声で何度も目を覚ます。宿泊客もうるさいのがいて、早朝に起きた。シャワーを浴びて通りへ出る。驚いたことにあれだけ装飾されていた通りは元に戻っており、掃除されていた。恐るべしシーク教徒。

ホテル向かいのレストランで朝食をとり、映画を見に行くことにする。看板があまりにも魅力的なインドのスプラッター映画。昨日ここに着いた時に、その看板を発見し、絶対に見ようと思っていたのである。映画館前にいた人に聞くと、英語版は10時から、ヒンズー版は12:30からという事で、10時までの間、街中をぶらぶら歩き時間をつぶす。

10分前に映画館へ向かうと通常の席とバルコニー席というのがあり、通常15ルピー、バルコニーは25ルピーとの事。やっぱり映画は2階真ん中でしょう。ということでバルコニーへ。が、広いバルコニー席には自分以外の客は一人もおらず。下を覗いてみると5列目くらいからびっしり座っている。しまった自分も下にすればよかった。

そして上映時間。いきなりプールの中で若い金髪男女が絡み合うというおよそスプラッター映画とは思えないオープニング。インド映画もなかなか激しいのぉ。観客もヒューヒューと盛り上がる。物語はその後、倦怠期を迎えた夫婦の元へ妻の友人が訪ねてくる、これが美人。なぜか夜のプールで裸になって踊り、それを友人の旦那が窓から見てしまう...ん、ここからどういう展開になっていくのかと考える。そういえば、英語の吹き替え版にしては全て英語で話している。そしてここまで血みどろさを一切感じさせないこの展開。

ロビーに下りて聞いてみると、「じぇんじぇん違うがねあんた、いま上映中のは別の映画だがね」。何とイングリッシュムービーというのはヒンズースプラッターの英語訳版ではなく、イギリスの映画という意味だったのである。たしかに掲示板をよく見ると違うセクシー映画のポスターが貼ってある。「間違えてしまったので、この次のヒンズー映画にチケット交換してくれ」と交渉するが「無理言ったらいかんがや」とにべもなく断られる。

仕方なく、コンノートプレイスまでサイクルリクシャーで行き、街をぶらつく。そのあたりにいたオートリクシャーの兄ちゃん2人組が話しかけてきた。が、こちらも今日帰るし、対応にももう馴れていたので軽く話をする。
わがもの顔で道路を歩く牛
「祭りがあったから、この近くでセールやってるぞ」と言われるがもう金がない。「だからブラついているだけだ」というと「俺たちもどうせヒマだから、このあたりを案内してやるよ」との事。インドでタダなどということは、シーク教徒のお祭り位のものなので、「タダでなくていいから、行きたい所まで連れて行ってくれればちゃんと金払うよ」すると「君の最後のデリーをいい思い出にしてもらいんだ」などと泣かせる文句。よっしゃ、では言葉に甘えるぜ!まだ一ヶ所行ってみたいところがあったので、そこに行ってくれと伝えると「スマン、そこは俺た行けないんだ、オールドデリーだから」とどんどん走る。そして着いたのはみやげもの屋。ブルータス、お前もか!

さすがにちょっと切れ気味に「何もいらんちゅーたろーが、ゴルァ!」とそこで降り、仕方ないので歩いて駅に戻ろうとすると、またもや声をかけてくるインド人が。しかも、今度は日本語だ。おいおい、またかよ。「コンニチワ。ニホンカラデスカ?」といつものフレーズ。適当に対応しながら駅の方へ向かう。そのインド人は「エキマデハ、アルクトチョットアリマース」と勝手に身の上話を語ってくる。

それによると、かつて芦屋で経営していたレストランが阪神大震災で崩壊してしまい、また日本でレストランを開くため、日夜努力しております。とのことであった。「あなたがあのお店に入ってくれるとワタシ100ルピーもらえマース。何も買わなくてもいいデース」
サイクルリクシャーのおやじと

阪神大震災の被害者だということと、自分が店に入ると100ルピーもらえるという動機が明確であったため、「本当に何も買わんよ」という条件付で店に入る。が、店に入れば何も買わないというわけにはいかず、待ち構えていた店員達の「グッドクオリティー」「グッドプライス」攻撃にさらされるハメになる。しかも、美術館で見たような繊細なタッチの絵があったりして、思わず欲しくなってしまう。が、金がない。そして、映画も見たい。ということで何も買わず店を出る。

外ではさっきの日本語を話すインド人が待っており、「何も買わなかった」と伝えると「いえ、アナタが必要ないなら買わなくてもOKデース、買ってもらうとワタシにもコミッションが入ってくるコトになっているんデスけどね」「でも、アリガトウゴザイマス、いつかまた日本に戻りマス」と駅近くまでバイクで乗っけてってくれる。駅前でがんばってくれと別れる。

そろそろ映画の上映時間だ。ヒンズースプラッターを見ようと思っていたが、歩いている途中で、さらに魅力的なポスターを発見してしまう。インド版ダイハード。よく見ると主人公らしき人物の顔から流れる血は、絵の具で上から描き加えてある。うーん、インドを感じる。思わずこのバイオレンスアクション映画を見たくなってしまい、その映画館に向かう。

入口と思われる暗い階段前から入ろうとすると、そこにいた2人組からチケットは持っているかと聞かれる。どこで買えばいいか尋ねると「ここでいい。まだ5分前に始まったばかりだ」との事。オープニングの盛り上がりを体験したかった、などと思いながら20ルピーを差し出すと、「もう満席でバルコニー席しか空いていないから50ルピーだ」などとぬかす。
午前中の映画館でバルコニー席は25ルピーだったので、「いや、バルコニーは25ルピーのはずだ」と切り返すと、「チッ」という顔をして、行けという仕草をする。何だコイツらと思いながら、その場所を出て前の道路を歩くと、なんと、正規のチケット売場があるではないか。さっきの所は入口ではなかったようである。午前中に間違った映画を見たおかげで騙されずに済んだが、全く油断ならない。

結局、一階席で現地人に紛れて見る。すごい人だ。内容は、自らの過ちで妻を死なせてしまったインチキブルースウィリスが、誘拐された首相候補の娘を悪の手から救い出すという、正にバイオレンスアクション。娘の回想シーンではなぜかオールキャストのインドダンス。

主人公はどてっ腹をショットガンで撃たれても3日で立ち直る強靭な肉体を持ち、敵を殴り飛ばし投げ飛ばす。その際の効果音がこれまたすごい「ドバシャ」「ボスッ」と香港カンフー映画もびっくりだ。殴り合いのシーンでは観客はピューピューと大騒ぎ。フィルムのつなぎ部分で映像が途切れると、ものすごいブーイングとなり、映画よりもそっちの方が笑えた。
魅力的すぎる、映画のポスター

ありがとうインド


映画も終わり、屋台でちょこちょこ買い食いしながらホテルへ戻る。そろそろ空港へ行かねば。相変わらず腰の低いマネージャーにチェックアウトの旨を告げる。ホテルの空港送迎サービスというのがあり、190ルピー。また、流しのドライバーと交渉するのも面倒だったので、それを頼むことにする。

しばらく待つとドライバーが迎えに来る。お客に対しては低姿勢のマネージャーは使用人のドライバーに対して別人のように強圧的になり、ヒンズー語で「何やっとんじゃい!とっとと準備せんかい!ゴルァ!」(※推測)そしてまたこちらに向かい、笑顔で「どうもありがとうございました〜」と最後に凄まじい変貌ぶりを見せてくれた。

車は当然タクシーだと思っていたら、ポンコツの軽バンだった。しかも3名相乗り。なかなかおいしい商売だ。マネージャーに「とっとと乗せて、とっとと帰ってきやがれ」とでも言われたのか、カーチェイスばりのスピードでぶっ飛ばすドライバーの兄ちゃん。後部座席のドイツ人カップルもビビっている。

なぜか国内線よりも簡単なセキュリティーチェックを終え、飛行機に乗り込む。インディらガンジー空港を離陸したのは、日も暮れた17:45分だった。これからまた日本に戻り、忙しい日々が始まる。社会復帰できるだろうか、などと思いながら、窓から見える街の明かりを眺め、インドを後にしたのであった。


さようならインド、そしてありがとうインドよ。また来るぜ!
夕焼けガンガー。